スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の話題(2018/07/01 - 2018/12/31

カラテ・キル
★★★★★★★☆☆☆
幼い頃に両親を失い、妹と仲睦まじく協力しあい生きてきて
今現在もバイトを8つも掛け持ちし、アメリカに居る妹へ援助するお兄さん
その妹が行方不明になり、アメリカへ行き妹を探し
現代のカルト宗教とも言える頭のおかしい連中に捕まってしまったことを知る

お兄さんは妹を守るために極めたカラテを用い、カルト集団とその他を殺害していく
というお話

正直邦画を舐めてましたがここまで出来る監督さんも居るんですね
お話自体は見るべきところはそれほどありませんが
話の展開、登場人物のキャラクター、そしてカメラワークを含めた演出
今まで見てた邦画とはレベルが違います
(日本人の登場人物の演技は基本的にはうまくないですが)

そしてこの映画の肝とも言えるアクションシーンの殺陣の演技の巧さ
こんな露骨なB級の地雷タイトルにしておくのが惜しいくらいです
他の日本人の監督も見習ってほしいですね!



女体銃 GUNWOMAN
★★★★★★★★★☆
週明けて続けてその監督の過去作まで見てしまいました
作ってる人の「好き」が伝わってくる作品ってすごく良いですね
演技はカラテ・キルより上手い人たちが揃ってます

権力者の息子で異常者の男に妻を犯されて殺された男の復讐映画
主人公はヤク中の女性を買い、訓練して妻の敵討ちをさせようとします
なぜそんな回りくどい事をするのかと言うと
男は死体とヤるのが好きで定期的に死体を買ってはヤる為の警備の薄い会場を持っていた為
女性を仮死状態にしてその施設に送り込もうとするのです
約90分映画で60分以上は特訓シーン、この監督の特訓好きが伺えます
(次の作品のカラテキルでもこれほどではないですがやっぱり特訓シーンがあります)

あと銃と素手で戦わせるのが好き
監督御本人もおっしゃってましたがエログロ上等なのでエログロナンセンス(褒め言葉)が好きなのも痛いほど伝わってきます
正直邦画をかなり舐めてましたが考えを改める必要あるのかな、と思ってきます
・・・が、この監督さんってアメリカで活動されてるので邦画という枠で考えるの間違ってる気もします



ヒューマンレース
★★★★★★★★★☆
B級映画と仮気持ちで見始めましたがこれも中々すごい映画でした
映画のお約束は守らない、先の読め無い展開は素晴らしいの一言
主役っぽい人ですらソッコーで、女子供ですら容赦なく死ぬ
中々類を見ない話の展開でした
お話自体はまあ、わりとよくある「○○しないと死ぬ」映画で一時期流行りましたね

この映画は「マラソンしないと死ぬ、道を外れても死ぬ、2周遅れたら死ぬ」とまあ、要は黙って走れ、走らないと死ぬ映画です
少し前に見たサラリーマンバトルロワイヤルでも同じようなスタートでした

素晴らしいのは話の作り方、キャラクターの造形、人がガンガン死ぬので多少グロテスクですが
それに耐えられるなら見る価値ある映画だと思います、ぜひ



スターゲイト
★★★★★☆☆☆☆☆
砂漠の地下から出土された謎の装置を発見した軍がシステムを解析し
よその惑星へ飛べるシステム「スターゲイト」を利用し、ファンタジー世界で異星人の奴隷になってる一般人を救い出すお話

カート・ラッセルはいい役でしたが、どうにも全体的に微妙な作品でしたね・・・
スターゲイトのTVドラマ版ってもっとちゃんとSFしてたように思えますが、どうしてこうなった感があるのでした



グレイテストショーマン(爆音上映)
★★★★★★★★★☆
まあ、映画自体は以前見たとおり面白かったです
が、爆音ってこの程度なのかしら・・・?序盤と後半は衝撃が来る位でしたがどうにも途中が残念な感じでした



シャークネード
★★★★★★★★★☆
世間様で一時期世を騒がせたと思われるB級映画の金字塔
竜巻に大量のサメが巻き上げられ、海上から街中までサメが竜巻で移動してきて頑張って人間を食べようとする涙ぐましい映画です

B級って舐めてると駄目ですね、展開は導入部分がもうトンデモなので感覚が麻痺してしまったのか
話としては筋が通ってるし、何よりキャラが立ってて登場人物の死が結構重く感じられます
(とはいえ作中ではなくなってもその時しか話にあがりませんが)
役者さんの演技の質も高いし、燃える展開、笑える展開、泣ける展開を90分程度に詰め込んでおり
いわゆるジェットコースター的な映画と言えるんじゃないでしょうか

遙か上空から竜巻によって落とされたサメがコンクリ地面に落ちつつもそれでも人が食べたいんだという気概が見られる映画でした
あと、お父さんの超人っぷり



帰ってきたヒトラー
★★★★★★★★★★
いやぁ、これ上映前どころか撮影時も色々悶着有りまくった様ですね
映画と言うよりドキュメンタリーっぽい作りがすごいです

過去の死の間際から死の前後の記憶を失ったヒトラーが現代のドイツにタイムスリップする映画

一応ジャンルとしてはコメディなのですけど、社会問題や人種問題を交えたインテリな映画となっています
導入からしてSFですし、社会や人種問題は切っても切り離せないSFの醍醐味ですね
怖いだけ、人を支配するだけのヒトラーじゃないところがやっぱり物議を色々醸し出した様です
撮影時も一般の方の目に入る様に撮影したみたいでいろんな怖い方々に絡まれることもあったそうで
色々大変だったみたいですね、そのへんも含めてやっぱりドキュメンタリーっぽいと思うのです
いやぁ、いい映画でした

コメントの投稿

非公開コメント

てきとうバナー

プロフィール

あぐり

Author:あぐり
前作Warlock!はこちらから
Warlock!武具リスト
サポート掲示板

最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。