スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり!

はい皆様、お久しぶりです。
しばらく放置プレイをしていたあぐりです
GW中は時間があるからって余裕で構えてたのにやっぱり時間があるとサボリ気味になりますね

結局勢い良く制作出来たのはGWの中盤を過ぎたあたり、本格的に動き出したのは後半入ってからという体たらくでございました。
と、言うわけで今回の戦果は

まず今回出るキャラ全員分のキャラセレのパラメータシートを作り直し
SS2-46.pngSS2-47.pngSS2-48.png
以前より情報量が増えつつも、選択した後のどうでも良いテキストで一部隠れてしまうのが気に入らなかったので作り直し
それとレベルがわからないのも嫌だったので一応的な処理ではありますが、テキスト内に現在のレベルを表示
(本当ならクラスのレベルとかもちゃんと表示したいのですが、表示として抜き出せる処理が無いので・・・)

とりあえずサクサク次へ行きましょう
SS2-41.pngSS2-42.png
ダンジョン内に拠点へのポータルを設置
拠点から一発で移動できるのは登録済みの1箇所だけになります(1つ登録すると排他的に他の拠点の登録が消えます)
ただし、登録時に少しだけお金を頂きます。もっとも、戻る時もお金を頂くのですが・・・
拠点直結済みのポータルは白で登録済みは黄色っぽくなります、一応これでわかりやすい気がしますね
どこかで見たことのある危険なマークな気もしますが気のせいでしょう

ss2-49.png
あとは見てもあんまり楽しくないけどせっかくなので、今回上下のフロアもありますが、左右の移動もあるので
つなぎをどうしようかなぁ、と考えつつ一応こんなドアでフロア移動ですよという感じになるでしょう
壁の方今はタダの壁でアレですが、どうしましょうかね・・・


で、最後は楽しい楽しい戦闘関連
Gにもあった友好的な敵、今回も当然入れます
Gの時はなんやかんやで入れられなかったメンバーごとの一言、今のところ一番目に選択されたキャラが一言言う仕様になっております
SS2-45.png
アライメント低い方が発動しやすいのは同じですが
アライメントの高さに関係なく「戦う」を選ぶと確定でびっくりさせられます
(ただし、びっくり状態でも敵は普通に反撃してきます)
で、一定以上アライメントが高い場合は「びっくり(全ST70%)」が「恐怖(全ST30%)」になり
1Tで敵に壊滅的な被害を与えられる気がしてきます

そして最後に連続エンカウント
SS2-44.png
「戦闘終わったけどまだ切り足りないわぁ」という勇敢なマダムに捧げるバトルマニア必見の追加戦闘
確実にあなたのPTの命を頂戴致します
連続エンカウントは最大2回まで、発動毎に戦闘後のドロップ率と装備品のエンチャント率が高まります

今のところ発生確率は固定ですが、条件付けて確率上げ下げしてもいいのかなぁとは思っています

とりあえず後やってたのは内部的な処理ばかりなので見せようがないのでここまで。

目標としてはせめて2フロア目までちゃんと作ってから体験版として公開したいですね
それでは皆様御機嫌よう!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

G-のしゃべる敵は存在そのものが素敵でした。
とりわけ「人生はショウ、死はジョーク」の一言が印象に残っています。
掲載の原色系のキャラセレ画面は個性的ですね。若干キルビルライクでしょうか。
Round 2、いいですね。こちらの意思では降りられないあたりがいい。
いくつか記事をさかのぼってみたのですが、
G-の戦闘画面で採用されていた方向キーによってコマンド入力するシステムは、
今作でも続投のようで安心しました。
応援してます。

Re: No title

こんにちわ、名も無き旅のお方
> G-のしゃべる敵は存在そのものが素敵でした。
今回も前回と同じ様に敵が一言言ってその後にパーティ戦闘の人が一言言う形になっております
(とは言え彼らの一言とこちら側の一言がリンクしてるわけではありませんが)
「人生はショウ、死はジョーク」は元ネタがありまして
海外のアーチストのモンティ・パイソンの映画の中で使われる曲の歌詞の一部になります
この言葉結構気に入ってて結構使ってたりします
こんな素晴らしい言葉、あぐりが思いつくわけありませんね

> 掲載の原色系のキャラセレ画面は個性的ですね。若干キルビルライクでしょうか。
原色系のキャラセレ画面はやり過ぎかなぁ、とも思いますがどうしましょうかね
しょっちゅう見るわけじゃないのでこのままでもネタとして通りそうな気もしますが

> Round 2、いいですね。こちらの意思では降りられないあたりがいい。
このシステム、稼がせる為じゃなくプレイヤー側を倒すのが目的だったりします
これの元ネタになったゲームのプロデューサーさんが
「稼がせるためじゃない、プレイヤーを○す為に入れたんだ」と言ってたのは今もわすれません
*一応伏字、今の御時世何があるかわかりませんしね

> G-の戦闘画面で採用されていた方向キーによってコマンド入力するシステム
あれ、正直史上最強のキー入力システムだと思います
あれがあるからテンポの良い戦闘が楽しめるんだと思うので今後も作ってくとしてもあれはなくならないかなぁと思います

ご感想ありがとうございました!

てきとうバナー

プロフィール

あぐり

Author:あぐり
前作Warlock!はこちらから
Warlock!武具リスト
サポート掲示板

最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。