映画の話題(2017/07/01 - 2017/12/31

アサシンクリード
★★★★☆☆☆☆☆☆
(映画としての評価)
★★★★★★★☆☆☆
(ゲームが原作の作品としての評価)

結論から言うと映画として見たら微妙でした
ゲームとして求めてる人からすると現代にウエイトを置いてるのはなんかアレだし
映画として考えると他対一であっても基本各個撃破が信条のアサシンでは絵面が地味

ゲームが原作として考えると
アクションは非常に上手く原典を活かしてると思います
初代に関して言うなら全てのアクションが出て来ると思っても良いんじゃないかと思います
初代ベースではあるけれど2の舞台も出てきますし楽しめると思います
そうなると現代に比重を置いてるのは残念な感じです
映画としてみると
登場人物のバックグラウンドがほぼ無い為結構見てて違和感があります
急に湧いて出てきて味方になる人達とか、主人公ですら子供時代の事件の直後に30年後になってて
個人の情報があまりにも無いなぁと言う感じになります
安易に恋愛描写に走らなかったのは好印象ですけど
想像の余地を残すのと全く情報が無いのは別のお話
こんなにバックグラウンド無しでやってられるのはゲームくらいでしょう

映画を見たいならこれ以外を見たほうが良いかもしれません



ドクター・ストレンジ
★★★★★★★★★☆
ザ・映画館で見るべき一本
家で見て失敗したなぁとは思いつつも、もう映画館でやってなかったので仕方ありません
今の時代のSFX技術ならではの映像美、そして映像表現
それと(多分)世界一かっこいいアクションを見せてくれるスキンヘッドの女性

都市が裏返りねじれる、時が巻き戻る中で戦う、今の時代じゃなきゃ見れない超映像です

基本的には時をモチーフにした主軸は真面目なお話ですが
主人公のストレンジさんは高慢ちきな皮肉屋でジョークも嗜む為
ちょこちょこコメディ要素はあります

映像面も話の主軸も素晴らしいのですがいい加減未熟な主人公なのに何故かすごい才能がある
斜めに構えてても芯は強い、とかそう言う主人公像にあきつつあるので-1点



パシフィック・リム
★★★★★★★★★★
いやぁ、日本人の映画監督様ですらまともに形に出来ない
日本のコンテンツをよくぞここまで形にして落とし込めたもんだと心から感心します

ザ・ヤクザの時も思いましたがもう日本の実写の映画監督って要らないんじゃないかしらね?
日本のロボットアニメや怪獣モノのコンテンツを2時間10分に落とし込んで上手くまとめております
これも映画館で見るべき映画だったなぁ、と寂しくおもったり



レーザーチーム 俺達史上最弱のエイリアンバスターズ!
★★★★★★★★☆☆
かなり適当に見るモノを選んで気軽に借りましたがこれは中々・・・

近い将来エイリアンが地球を破壊しに来る、という言葉と最強の装備を贈るから最強の人類が装備してエイリアンと戦ってね!と渡された装備がノリの軽い民間人にその装備を横から取られてしまい、嫌々民間人を訓練して地球を守ろうとするお話

とは言え途中で嫉妬して本気で身体を切って装備を取り戻されそうになり逃げて軍から追われたりする展開の方がメインだったり

後半のエイリアンとの戦いに入る前後の熱い展開、舐めて見てすみませんでした

続きを読む

てきとうバナー

プロフィール

あぐり

Author:あぐり
前作Warlock!はこちらから
Warlock!武具リスト
サポート掲示板

最新記事
最新コメント
リンク